コラム

妊婦さんなどは葉酸不足って言われてるけど、そもそも何で不足しがちなの?

投稿日:

妊婦 葉酸

妊娠期に欠かせない栄養素とされている「葉酸」。実際に妊娠を経験したママさんは、しきりに「葉酸サプリ飲んでおいたほうが良いよ」と言ってきますよね。

なぜ、妊婦には葉酸が必要なのでしょうか。そして、なぜサプリに頼りがちになるのでしょうか。食べ物から採ることは難しいのでしょうか。

そこには、葉酸が食べ物から摂取しづらい性質が関係しているようです。なぜ葉酸が不足がちになるのかを、検証していきます。

そもそも葉酸とは

葉酸とはビタミンB類のひとつで、水溶性ビタミンに分類される物質です。血を作る作用やDNA形成など、身体を作るために重要な働きをする栄養素です。

葉酸には、胎児の先天性障害のひとつである二分脊椎(脊髄の形成に異常が生じる先天性の奇形)の発症リスクを低下させる効果があります。

そのため厚生労働省は、成人女性の1日当たり必要な葉酸240㎍にプラスして、妊婦は240㎍、授乳婦は100㎍、妊娠を計画している女性は400㎍を摂取するよう推奨しています。

葉酸の食事摂取基準 ※日本人の食事摂取基準(2015年版)/厚生労働省をもとに作成

推奨量 合計
成人女性 240(㎍/日)
妊婦 +240(㎍/日) 480(㎍/日)
授乳婦 +100(㎍/日) 340(㎍/日)
妊娠を計画している女性または妊娠の可能性がある女性 +400(㎍/日)のプテロイルモノグルタミン酸の摂取 240(㎍/日)の食事摂取+400(㎍/日)のプテロイルモノグルタミン酸の摂取

つまり、妊婦は成人女性が必要な葉酸の2倍、そして妊娠を計画している女性は3倍弱の葉酸が必要になります。

ちなみにプテロイルモノグルタミン酸とは、食事に含まれる天然の葉酸ではなく、サプリなどから摂取できる合成葉酸のことです。

なぜ葉酸は不足するのか

食事から確実に摂取することが難しい栄養素だから

一般的には栄養素はサプリに頼らず、食事中の野菜などから摂取するほうが良いとされています。しかし妊娠中の葉酸については少し様相が違ってきます。

なぜならば、食事から摂取した葉酸は、体内で代謝が行われて葉酸の成分が減っていってしまうからです。実際に葉酸として利用できるのは半分以下になると言われています。

さらに葉酸は水溶性であるため、洗ったり茹でたり調理している間に水に溶けていってしまい、どんどん葉酸の量が減っていってしまうのです。

そのため、食事からどのくらい葉酸を摂取できたかを明らかにすることが難しくなります。いくら葉酸の多い食品を摂ったからといって、結局どのくらい葉酸を摂取できたか指標を出すのが難しいんですね。

だから、確実に葉酸を摂取することのできる葉酸サプリメントの服用が推奨されています。さきほどの、厚生労働省が妊娠を予定している女性に「プテロイルモノグルタミン酸」の摂取を推奨している理由も、このことからです。

妊婦NG食品に多く含まれているから

葉酸が多く含まれる食品上位のレバー・うなぎは、妊娠中は控えなくてはいけない食べ物です。

食品100g当たりの葉酸の含有量 単位:μg

葉酸の量

食品100gあたりの葉酸の含有量が1,300㎍と多い鶏レバー、1,000㎍の牛レバー、810㎍の豚レバー、そしては380㎍のうなぎの肝。これらはいずれも、レチノールという栄養素が入っているため、妊娠中に食べることは控えたほうが良いと言われています。

レチノールは過剰摂取すると、胎児が奇形・先天異常などを持って生まれるリスクが高まってしまうからです。

葉酸の含有量が多い食事がことごとく妊婦NG食品なので、摂取が難しいのも頷けますよね。レバー・うなぎに次いで葉酸の含有量が多いうには、妊婦が必要な480㎍摂るためには133gを1日に摂取する必要があり、うに丼2杯分が必要です。

妊婦が食べて問題のない食材から葉酸を摂取しようとすると、たくさんの量を毎日食べなければならなくなります。そのため、妊婦は葉酸不足になりがちになってしまうのです。

 

 

-コラム
-, ,

Copyright© おすすめダイエット・美容法の比較日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.