美容法の比較

炭酸パックと酸素パックはどっちが美容に効果的なの?

投稿日:

炭酸パックと酸素パックの比較

比較結果:酸素パックの方が手っ取り早く肌に酸素を供給できる

指標 炭酸パック 酸素パック 備考
価格(2ヵ月間のだいたいの総コスト) 4 3 酸素パックはまだ日本に浸透していないためやや高価
1日(1回)に費やす時間 3 4 炭酸パックが20分ほど置くのに対し、酸素パックは5分ほど
リバウンドしにくさ 3 4 血液中に直接酸素を送り込むことのできる酸素パックの方がやや有利
簡単さ 3 4 パックの方法にもよるが顔一面にパックしてから洗い流す手間はほぼ同じ
副作用や安全性 3 3 メーカーの安全性にもよる
気軽さ 4 3 日本に浸透している炭酸パックの方が種類が多く手に入りやすい
効果が高い 3 4 酸素と有効な美容成分を角質層まで届けることのできる酸素パックが効果が高め
効果が早い 4 4 一度パックすると血行が良くなり肌が柔らかくなることは、美容液などよりも効果が早い
体への負担のなさ 3 3 特に負担はない
継続性(飽き含む) 4 3 気軽に手に入り、安価な炭酸パックの方が続けやすい
辛くない 3 3 どちらも血行を良くするタイプなので、肌が弱い人は要注意
総合評価 37 38

総評

炭酸パックという言葉が浸透し、炭酸ジェルパックや炭酸ガスパックなど色々なメーカーが出してきていますね。これらは全て同じ原理のものです。どれも「炭酸」がついていて、これは二酸化炭素のことです。なぜ二酸化炭素なのでしょうか。

この二酸化炭素がお肌の中に入り込み、血管内でヘモグロビンに接着します。そのことで、肌が酸素不足であると判断して、ヘモグロビンが抱えている酸素を放出します。これにより細胞への酸素供給が多くなり、血行がよくなりお肌の新陳代謝を活発にさせます。なるほど!という感じですね。酸素の供給を多くするために、逆に二酸化炭素を入れていったん酸素欠乏状態にしているのです。

では、最初から酸素を入れることができればいいのでは?と筆者も常に考えていました。炭酸パックがとても好きだったので愛用していましたが、なぜ炭酸なのだろう?という疑問を解決したのが「酸素パック」です。特殊な技術が必要なようですが、お肌の表面で酸素が発生し、美容成分と共に角質層まで運んでくれます。炭酸パックと同様に、プチプチとはじけるような泡が出てくるのですが、角質層まで浸透すると落ち着いてきます。そして、洗い流した時の感覚は炭酸パックと同様。まるで、ピーリングした時のようにひと肌めくれたように白くなり、お肌も柔らかくなります。

なんと言っても、血行がよくなるので小顔になるのが嬉しいですね。「酸素パック」についてはまだまだ日本には浸透していないようですが、これから流行ること間違いないですね。炭酸パックも酸素パックも、要はお肌の酸欠からおこる乾燥、クマ、くすみ、しわ、たるみなどあらゆる悩みを解決してくれます。従来の美容クリームや、美容液では物足りない!という方に是非おススメです。

酸素を取り入れることで活性酸素が増えないの?

酸素というのは、人間にとって欠かせない成分ですが、摂り過ぎると活性酸素に変わるというのはご存知ですよね。炭酸パックや酸素パックをすることで、活性酸素が増え逆に老化を進めることにはならないのでしょうか?ここで大事なのが一緒に入っている美容成分になります。ビタミンCやアンチエイジング効果のある抗酸化の成分が入っているかどうかです。二酸化炭素や酸素と一緒に、抗酸化力のある美容成分が十分に届くことで活性酸素の抑制に繋がるのです。

パック使用時の注意点

炭酸パックや酸素パックをすると、ピリピリしてお肌に合わなかったという方も少なくありませんが、これは逆に効いている証拠です。

炭酸水を飲んだ時に口の中がピリピリするのと同様に、二酸化炭素や酸素がお肌の上で発泡し、そして中まで浸透しているのです。もちろん成分的にお肌に合っていない場合もあるので気を付けてくださいね。

そのピリピリを少し我慢すると、今度は少しお顔が熱くなっていく感覚があります。これは血行促進効果が始まっている証拠ですね。お肌に刺激を与えていることには間違いないので、パックを洗い流した後のお手入れがとても大切です。メーカーによっては美容液も一緒についていますので、パックの後はたっぷりの美容液で保湿してお肌を鎮静することをおススメします。

成功するための1ポイントアドバイス

どちらのパックもおススメですが、酸素がダイレクトに入っていく酸素パックの方が短時間で効果があるように思います。パック時間が炭酸パックが20分~30分なのに対し、酸素パックはわずか5分で効果が出ます。

家事や育児などで忙しい方には酸素パックが良いかもしれません。色んな種類がある炭酸パックに比べると酸素パックはまだ種類が少なく値段も高めですが、お肌が活性化してくると毎日しなくても大丈夫になってくるので、トータルで考えると経済的なのかもしれません。

-美容法の比較
-, , ,

Copyright© おすすめダイエット・美容法の比較日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.